優秀認定校

英国語学学校認定制度 (Accreditation UK):優秀認定校 (Centres of Excellence)

英国語学学校認定制度 (Accreditation UK) は、EFL(外国語としての英語)を学ぶコースを提供する学校、専門学校、大学の質を保証する枠組みです。

この枠組みにより、英国で英語コースを受講中あるいは受講予定の留学生は学校の質を確認することができます。

すべての認定校は、外部監査により、経営、教材、学習環境、授業、福利厚生、また未成年の学生のケア(18歳未満の学生を受け入れる場合)の質が基準を満たしているかそれ以上であることが保証されています。

英国語学学校認定制度は、英国で英語を学習中または学習予定の留学生に学校の質を保証することが目的です。これは外部監査によって行われ、この制度によって認定された学習機関は一定基準を満たしていることが保証されます。

もし、認定校がこの制度で設定されている基準を満たさなければ、英国語学学校認定制度は様々な形で問題に対処します。

 

各学習機関は、基準を満たしていることを証明して初めてブリティッシュカウンシルによって認定されます。また、認定校のステイタスを保つために、以下の義務を果たす必要があります。

  • 英国語学学校認定制度の枠組みの基準に従い、留学生に対する高いサービスのレベルを保ち、英国での英語教育の高い評判に貢献する。

  • 英国語学学校認定制度の名を守り、その発展に寄与する。

  • 各地域の認定校の突然の閉鎖により影響を受けた学生に対し、無償で代替の英語コースを提供する。

  • 四年ごとに監査を受ける。

  • 何らかの大きな変更点(例:学校の移転や主要スタッフの変更)が生じた場合にはブリティッシュ・カウンシルに連絡する。

  • 年会費を支払い、年次宣言書と販促資料のコピーを提出する。

  • クレームに対応し、クレーム処理に協力する。

  • 英国語学学校認定制度の枠組みの精神に則り、清廉潔白、プロ意識を持って勤める。

教育水準はどのようにして高められるか?

認定校は四年ごとに全体監査が入ります。毎年の年次宣言書からは主要な変更について把握することができます。もし変更があれば、枠組みの基準を引き続き満たしていることを確認するために、部分監査を実施します。また、毎年、一定数の学校がランダムに選ばれ、予告なしの監査を実施しています(中間監査)。